google-site-verification=faRu8rHQWF3La85_SJzS9Kc3nCLubRwlggtFvH-c32g
YouTubeで自分のチャンネルを収益化するためには、いくつかの条件を満たす必要があります。
その中でも「過去12ヶ月間に4,000時間以上の動画再生」と「1,000人以上のチャンネル登録者」という2つの条件はハードルが高く、簡単にクリアできるものではありません。
また、この2つの条件をクリアしても、チャンネル審査に通らない、あるいは審査結果が届かないという方も少なくありません。
審査期間がどのくらいなのかわからないまま、「自分のチャンネルに問題があるのではないか」と不安になる方も多いのではないでしょうか。
この記事では、YouTube収益化申請後の審査期間について解説します。

YouTubeチャンネルの収益化とは? YouTubeで自分のチャンネルを収益化するためには、いくつかの条件を満たす必要があります。その中でも「過去12ヶ月間に4,000時間以上の動画再生」と「1,000人以上のチャンネル登録者」という2つの条件はハードルが高く、簡単にクリアできるものではありません。また、この2つの条件をクリアしても、チャンネル審査に通らない、あるいは審査結果が届かないという方も少なくありません。審査期間がどのくらいなのかわからないまま、「自分のチャンネルに問題があるのではないか」と不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、YouTube収益化申請後の審査期間について解説します。また、結果が出なかった場合の対処法についても説明しますので、ぜひ参考にしてください。 平均的な審査期間はどれくらい? 今から申し込む人も、審査の結果を待つ人も、一番知りたいのは審査期間がどれくらいかということですよね。色々調べてみると、申し込みから1週間で審査結果が出たという人もいるので、1~2週間経っても審査結果が出ないと不安になりますよね。しかし、YouTubeが公表している審査期間は、「通常、条件を満たしてから約1カ月」となっています。審査は機械だけでなく人の目でも行われるため、動画の内容に関わらず、チャンネルによって審査期間は異なります。審査結果が届かないとお悩みの方は、約1ヶ月間お待ちください。また、審査中でも新しい動画を投稿することができますので、応募してから動画を投稿していない方は、ぜひ動画を投稿してみてください。 審査結果が届かない場合 応募してから1ヶ月以上、YouTubeから何の連絡もない場合は(1)2次審査待ちの状態になっています。2)2段階認証プロセスが有効になっていません。(3)あなたはもはや収益化の要件を満たしていません。(4)チャンネルが機能しなくなった。以上、4つの理由が考えられます。レビュー結果が届かないとお悩みの方は、ご自身のチャンネルを参考にしてみてください。 (1) あなたのチャンネルや動画が2次審査を待っている。 チャンネルや動画を審査した際に、収益化できるかどうか判断できない場合は、二次審査待ちの状態になります。この状態になったチャンネルは、最終的な判断が下されるまでに何度か審査を受けることになります。二次審査待ちになる理由としては多くの動画が非公開である。チャンネルの動画に判断が難しい内容が含まれている。などの理由が考えられます。YouTubeでは、一度公開した動画を再び公開することが簡単にできます。動画は収益化後に公開することができるため、非公開の動画も審査の対象となる可能性があります。非公開の動画がある場合は、問題なければ公開し、問題なければ削除しましょう。 2点目は、審査が難しいコンテンツについてです。YouTubeでマネタイズするということは、あなたの動画が宣伝されるということです。動画の中にYouTubeのガイドラインに違反する内容が含まれていたり、その可能性がある場合は、再審査待ちになることがあります。動画の内容に問題がないか、もう一度YouTubeのガイドラインに目を通しておいてください。   2段階認証プロセスが有効になっていない YouTubeの公式ヘルプページでは、収益化を申請する際に、Googleアカウントの2段階認証プロセスを有効にすることを推奨しています。また、有効になっていない場合、申請の審査に通常よりも時間がかかる場合があると記載されています。2段階認証プロセスを有効にすると、審査に通りやすくなるだけでなく、パスワードと端末でアカウントを二重に保護できるなどのメリットがありますので、可能であれば有効にしておきましょう。 3)マネタイズの基準を満たさなくなった。 冒頭で述べたように、YouTubeアカウントの収益化の条件は、「過去12ヶ月間に4,000時間以上の動画再生」と「1,000人以上のチャンネル登録者」です。申請中にこれらの条件を満たさなくなった場合は、申請の審査が行われません。また、応募条件のひとつである「総再生時間」には、公開または非公開にした動画の再生時間は含まれません。応募の際に動画を非公開にすると、再生時間が短くなりますので、ご注意ください。もちろん、動画を削除した場合も同様です。 4) チャンネルが使われていない YouTubeのマネタイズ要件と重複しますが、動画が投稿・再生されているかどうかを指します。引き続き収益化要件を満たすためには、チャンネルを運営し続けましょう。視聴者にとって有益な動画を投稿することで、チャンネル登録者数や総再生時間が増加し、あなたにとってメリットしかありません。また、マネタイズしてもチャンネルが機能していないと判断された場合、マネタイズが停止されることがあります。申請中も以前と同じように動画を投稿するのが良いでしょう。 おわりに YouTubeの収益化を申請した後の審査期間と、結果が出なかった場合の対処法について説明しました。平均的な審査期間は「通常、条件を満たしてから1ヶ月程度」であり、審査結果が届かない場合は、以下の4つの原因が考えられます。審査結果が届かない場合、4つの原因が考えられます。1)2回目の審査を待っている。(2)2段階認証プロセスが起動していない。(3) 収益化のための要件を満たさなくなっている。(4) あなたのチャンネルが機能しなくなった。YouTubeに動画を投稿する人が増えたことで、収益化のための審査が以前よりも厳しくなり、時間がかかるようになりました。そのため、審査に通ったときの喜びはひとしおでしょう。審査を通過した後も、あなたのチャンネルや動画は常に機械によってチェックされています。収益化した後も、ガイドラインを意識して、収益化を止めないように気をつけてください。この記事が、YouTube収益化の申請を悩んでいる方の参考になったなら幸いです。一日も早くYouTubeチャンネルの収益化が実現することをお祈りしています。

By KimuraToshio さらに表示
ほしい物リストに追加する
ほしい物リスト
カートに追加しました
カート内を確認